Thursday, October 31, 2013

iPad Airの発売とクラウド


 iPad Airが発表されて、11月から日本でも発売となる。重量が、今使っているiPad2より200g程軽くなって、しかも解像度が抜群に上がり、画面は精細で綺麗になる。前回のiPad Retinaをパスしたので、今回は購入するつもりだ。
iPadが先鞭をつけた、タブレットコンピュータも、アンドロイド版、iPad版、Surface版(マイクロソフト)と出揃った。 世の中、デスクトップ型PCがノートパソコンに置き換わり、またノートパソコンがタブレットに置き換わりつつある。
スマートフォンの普及でクラウド利用が進み、誰も違和感なく知らぬ間にクラウドストレージにアドレス帳を入れ、メールもクラウドのネットメールが主体になってきた。
クラウドと言うIT用語を理解して利用しているユーザーはそんなに多くないと思われるが、多くのサプライヤーが参入してきて、淘汰も始まっている。利用に当たって気をつけておくべき部分もわかってきた。
私の利用状況を例に最近の評価を述べる。

私の利用状況
クリックするとフル画面になります

このリスト上のデータ(原始資料)はすべてネット上にあるので、利用する端末を選ばない。自宅PC,iPad,iPhone、出先のPCなどネットに繋がっていればすべて取り出すことができる。
これらの他に、YahooBox, A Drive, Evernote, N Drive など過去の当ブログで紹介してきた。
すべてテストした結果上記リストのクラウドサービスに落ち着いた。
但しEvernoteはクラウドストレージではなく、ウェブクリップとして大変重宝しているが、目的が異なるので、今回の評価コメントからは外してある。

評価
Nドライブ:先日このようなメールがNドライブから送られてきた。

この度、20131130日をもって、Nドライブのすべてのサービスを終了することとなりました。
ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
サービス終了までのスケジュール
20131031日 Nドライブに関するサポート終了
20131130日 Nドライブサービス終了
20131130日~2014531日 ダウンロード機能のみ提供
201461日より すべてのツールからNドライブにアクセスができなくなります。
必ず2014531日までにすべてのデータをダウンロード頂ますようお願い申し上げます。

Nドライブとは、LINEで盛り上がっている韓国のIT会社NAVERのクラウドサービスの名前だ。
比較的早くからクラウドストレージサービスに参入しており、テスト的に使用していたが、無料で使えるサイズが大きくないため本格的利用には至らなかった。クラウド依存への危惧はここにある、十分将来を見据えて採用を決めないと面倒なことになる。

Yahoo Box
無料で使える容量は大きいのだが(私の場合50GB)、使い勝手の改善がほとんどない。昔のWindowsの外付けファイル使用と同じ感覚で、クラウド上のデータをちょっと覗いて見たい場合でもダウンロードしないと内容が見えない。
容量は十分あっても使い勝手が悪く、いつの間にか使わなくなってしまった。

ちなみにマイクロソフトのSky driveも同じ使い勝手だったが、今は随分改善されて抜群に良くなっている。特にオフィス関連ソフトの使い勝手が良い。
(途中で無料の容量を削減したのはふざけてるが・・・)

A Drive
クラウドストレージの草分け的存在。私はこのサービスでクラウドストレージを始めた。当時、無料容量が大きくてすごいと思ったのだが、残念ながら上記Yahoo同様、使い勝手の悪さ、スピードの遅さに辟易して使用をやめた。

Sugar Sync
Drop boxの対抗馬として近年売り出し中、パフォーマンスがとても良い。
Drop boxを常に凌駕する機能とサービスが売りだが、Drop box同様 無料容量が小さすぎる(3GB), 無料での適用はテスト的な目的とならざるをえない。

Drop box
パフォーマンス、使い勝手はやはり群を抜いている。但し無料容量が小さいので、本格的利用を考えるには検討を要する。
昨年の段階なら文句なく推奨したのだが・・・・・。
ひとつには、PCのローカルファイル上にクラウドに上げるデータファイルがミラー方式で作成され、この内容とローカルのオリジナルファイルが同期する。間違ってDropboxファイルを消すと、自動的にローカルオリジナルファイルも消える。それならいっそ、オリジナルローカルファイルを無くして利用するのもアリか。それと100GB/1年/1万円の値打ちをどう評価するか。何年も使うと100GBでは足りなくなる、データの自動同期依存症は高くつくかも知れない。

BitCasa
今、注目しているのはこれ。無料で10GBだが、1万円/年で容量無制限となる。パフォーマンスはDropboxと比べると良くないが、それはアップロード方式だからだ。Bitcasaとしては、アップロードしたファイルは、ローカルに残さないで、消去すべきと言っている。確かにタブレットやスマートフォンからのデータは元々ローカルファイルが無いのだから、割り切ればよいのかも。
A Driveのコンセプトを現代流にパフォーマンスアップした印象を受ける。

PogoPlug
ハードウェアとクラウドサービスを組み合わせたもの、自分が持つ外付けHDDをクラウド化出来るのが売り。
私は1500GBのHDDをネット接続して、クラウド化している。容量を全く気にしないで、あらゆるファイルをバックアップ目的で放り込んでいる。
その中には録画したTV番組(1本450MB/100本以上)やシステムの定期的バックアップなどが含まれる。
欠点はハードウェア依存部分が大きいことだ、上記BitCasaでのテストによっては、Dropboxも含めて、全量そちらへ移行することも検討中。










 


No comments: