Thursday, March 29, 2012

浄瑠璃寺 九体阿弥陀

浄瑠璃寺金堂

奈良は寒い。冬の間じっとしていたが、ようやく春の陽射しが戻ってきたので、冬眠から覚めて浄瑠璃寺に行った。
九躯阿弥陀像
とても交通の便の悪い所で、奈良駅からだと1時間に1本のバスしかない。場所は奈良ではなく、京都府木津川町になる。

平安時代には阿弥陀信仰の普及とともに京都を中心に数多くの九躯阿弥陀仏を本尊とする阿弥陀堂が建立されたのだが、すべて応仁の乱をはじめとする戦乱の中で焼失してしまった。古い姿のまま残っているのが唯一、浄瑠璃寺の九躯阿弥陀仏である。

浄土式庭園図
浄瑠璃寺の名は薬師如来の住む東方浄瑠璃世界から来ている。
浄瑠璃寺は真ん中の池を挟んで東側の三重塔内に薬師如来が安置されており、池の向こう側に九躯阿弥陀を祀る金堂がある。
薬師如来は東の浄瑠璃世界、阿弥陀如来は西方の阿弥陀世界におられることを象徴している。
金堂
池を挟んで池の東側(三重塔側)を此岸と言い、この世を指す、池越しに金堂側を彼岸とみなし、西方浄土を拝む。
宇治の平等院と同じ浄土式庭園となっており、お彼岸の中日には、此岸から金堂の真上に夕陽が落ちる仕組みだ。

阿弥陀像中尊
横長の金堂は国宝(1107年建立)で、九間の内陣の各柱間に一体ずつ阿弥陀如来像が、池側(東向き)に配置されている。蔀戸を開け放てば、此岸から9体の阿弥陀様を一度に拝むことが出来る。
九躯阿弥陀像はすべて国宝、中尊のみ上品下生の来迎印を結ぶ。他は上品上生印となっている。
九躯の阿弥陀如来の意味は阿弥陀の九品印を如来像で表現したもの。人間をその能力や信仰の程度によって、上品、中品、下品の3つの位のそれぞれに上生、中生、下生の3つに分けた9つの段階に区別するが、阿弥陀仏は臨終の人を迎えに来る時、その人にふさわしい印を示すと言われている。
吉祥天女
九躯の阿弥陀仏は各々作者が異なるようだが、作者名は不明である。
定朝様式であり、数人で造ったと思われ、お顔が各々少しずつ違う。若々しいお顔から、歳を重ねたお顔もある、違いを見て歩くのも面白い。

更に、ここの吉祥天像が有名だ、丁度厨子のご開帳時期にあたり、美しい姿を拝むことが出来た。1212年の作で重要文化財指定。
中国宋時代の影響を強く受けた作風で、彩色も綺麗、装飾具もすべて木を刻んで造ってある。とても丁寧な作りに驚く。
又、像を収める厨子も当初のもので、内側全ての壁に梵天、帝釈天、四天王が極彩色で描かれており、色鮮やかだ。

四天王像
他に国宝の四天王立像2体が安置されている、他の2体は京都、東京国立博物館に寄託されている。寄木作りの上に布を貼り、漆を塗り白土仕上げの上から丁寧な彩色や切金細工が施されている。
どこの寺院でもそうだが、大抵仏像が置かれている場所は暗くて、彩色や細かな切金細工が見えない。じっくり見るとすごい細工なのに見えにくい、LEDの懐中電灯が要る。

西宮は暖かかったのに、こちらは風が冷たく、特に堂内の板張りが冷え冷えとして、履物無しで立っているのが辛かった。


No comments: